おすすめのアウトドアギアを紹介するWEBメディア

アウトドア ギア ナビ

アイテム選び

ランタンを灯してキャンプナイトを満喫!燃料別ランタンのメリット・デメリット

投稿日:2020-02-18 更新日:

夜のキャンプ場は、灯りがなく、真っ暗になります。それだからこそ、野外でキャンプしているという雰囲気を楽しめるわけです。蛍光灯が煌々と照らしていたら、味気ないものです。

そんな夜のキャンプに欠かせないのがランタンです。もちろん、灯りをともして、安全に動きやすいという基本的な働きの他に、夜のキャンプのムードを盛り上げるのに一役買ってくれるのがランタンです。

キャンプナイトを明るく照らすランタン!燃料別ランタンの種類

ランタンは、使う燃料の種類によって、大きく3つの種類に分けられます。

LED(電池式)ランタン
ガスランタン
ガソリン(灯油)ランタン

夜のキャンプサイトを明るく照らすという働きは同じでも、燃料の違いによるメリット・デメリットがあります。もちろん、使い勝手も異なります。

次項以降で、それぞれについて詳しくご説明します。

LED(電池式)ランタン

LED(電池式)ランタンのメリット

電池式ランタンの中でも、LEDを採用したのがLEDランタンです。今までの電池式ランタンの主流の蛍光灯ランタンに比べると、LEDランタンは、省エネで、光量も大きく、人気上昇中です。

ガスやガソリンに比べると、安全、安心です。特に、小さなお子さん連れのファミリーキャンプの場合にはおすすめです。屋内、屋外を問わず使用できます。

さらに、使用時間が長いのも、大きなメリットと言えるでしょう。一般的にはアルカリ電池を使用しますが、燃料コストはほとんどかかりません。

最近は、ソーラー充電ができるものもあり、日中、太陽のもとに置いておくだけで充電が可能です。さらに、ラジオ付きなどもありますから、キャンプだけでなく、災害時にも活躍しそうです。一家に一台あると、いろいろなシーンで使えます。
※おすすめアイテムを3つ程度紹介予定

LED(電池式)ランタンのデメリット

従来の蛍光灯ランタンに比べると、光量が増えたとはいえ、他のガスランタン、ガソリンランタンに比べると光量が小さいことは否めません。テント内やテーブルの上を照らすには十分ですので、LEDランタンに最適な場所で使いましょう。最近は、1,000ルーメンという大光量のものも発売されています。

ガスランタン

ガスランタンのメリット

ガスランタンの最大の魅力は、光量が大きいことです。真っ暗なキャンプ場では、煌々と灯る灯りは、安心感があります。手元や足元が明るいのは、安全です。

また、キャンプには燃料がガスというアイテムがいろいろあるので、兼用でガスボンベを使える点が便利です。アイテムごとに、違う燃料を持って行くのは、荷物が増えますし、ガスの無駄をなくすこともできます。

最近では、家庭用のカセットガスをキャンプ用のガス缶に詰め替えることができる器具もありますから、コストを抑えることができます。ただし、ストーブやバーナーと使えるガスが同じかどうかのチェックは必要です。

※ガスランタンのおすすめアイテム3つ程度紹介下さい

ガスランタンのデメリット

ガスを燃料にマントルという布を燃やして灯りを灯すのがガスランタンの仕組みです。そのため、灯りを灯している間は、本体が熱くなっており、火傷に注意が必要です。特に、お子さんには、十分気をつけてあげましょう。

また、火を燃やして灯りを灯すので、テント内では使用できません。

さらに、燃焼時間が短い点がデメリットになります。平均、ガス缶1缶で5時間ぐらいですから、一晩のうちにガス缶をチェンジする必要があるかもしれません。家庭用のカセットボンベを使うなどして、燃料コストを下げましょう。

外気温によって、光量が変化する点もデメリットになります。寒い地でのガスランタンの使用はおすすめできません。

ガソリンランタン

ガソリン、または灯油を燃やして灯りを灯すのがガソリンランタンです。ここでご紹介のランタンの中では、一番光量が大きいのがメリットです。暗いキャンプ場の中を明るく照らすガソリンランタンは、とても快適で安全です。

燃焼時間は、ガスランタンに比べると長く、タンクの容量によりますが、約10時間は灯すことができますので、1泊ならほぼ補給は必要ありません。

※ガソリンランタンのおすすめアイテムを3つ程度紹介ください

ガソリンランタンのデメリット

ガソリンランタンの特徴であるのが、使用前に、ポンピングという作業が必要なことです。空気を燃料タンクに送り込んで、ガソリンを気化させて、一定の光をキープさせます。ガソリンランタンは、ポンピングによって光量を安定させることができます。この作業を面倒と思うのか、楽しいと感じるかは人によって異なります。

また、本体価格が、他のランタンに比べて高く、10000円以上のものが大半です。ビギナーさんには、手が出しにくい価格設定です。

まとめ

キャンプの夜を明るく照らし、キャンプらしい雰囲気を演出するランタンですので、機能面だけでなく、デザインなども加味して選んでもいいでしょう。

また、キャンプだけでなく、防災面で使えることも考えて選びましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

えん

初心者から上級者、カッコ良さや快適さなどいろんな基準でアウトドアで使う道具をおススメします!! アウトドアツールの選び方も解説します!!!

-アイテム選び

Copyright© アウトドア ギア ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.